無料ブログはココログ

« PLC:賛成か反対か以前に間違ってるんですけど | トップページ | 電波監理審議会に注目 »

2006年8月11日 (金)

PLCモデムにコモンモードフィルタをつければ電波は出ない?!?

えっ、漏洩電界低減技術って、単なるコモンモードフィルタのことだったの?
えっ、しかもそれって、モデムのところに入ってるだけなの??
えっ、その後ろに何がつながっていても電波出ないって???

もう、唖然の3乗くらいです。
これは、明らかにアマチュア以下です。
(失礼な物言いお許し下さい。最後まで読んでいただければ分かります。)

このブログをはじめてから、いろいろ検索してるんですが、最近はアマチュアでもインターフェア対策として、コモンモードフィルタをお使いの方が多いんですね。これは、非常に良いことだと思います。アンテナが不平衡の場合、アンテナのところで、ディファレンシャルモードからコモンモードへの変換が起こりますから、そのコモンモードが給電線の方に戻ってしまうと、給電線がアンテナになって輻射してしまうので、不味いですね。それを阻止するには、給電点にコモンモードフィルタを入れるのが有効です。

ところが、アンテナが不平衡か平衡かに関わらず、給電線のコモンモードは不平衡なアンテナのようなものですから、アンテナから輻射された電波を拾って再輻射してしまいます。ですから、昔はこれを防ぐために給電線を地下に埋めたりしたんですね。最近では、コモンモードフィルタというかフェライトビーズを給電線の両端に入れてる例が多いようです。厳密に言うと、再輻射を完全に防ぐには両端だけでは不十分で、λ/4毎に入れる必要がありますが、さすがにそれをやってる人は少ないようです。

両端だけでも意味はあります。送信機側のコモンモードフィルタは、再輻射を防ぐというよりは、給電線を逆流してきたコモンモードが送信機に悪影響を与えるいわゆる回り込みを防ぐ意味で挿入されています。

それで、本題のPLCに戻ると、PLCの漏洩電界低減技術って、要するにコモンモードフィルタをモデムのお尻に入れるっていうことみたいですね。正直言って、呆れました。これって、結局、「送信機と給電線の間にコモンモードフィルタを入れれば、給電線のさきにどんなアンテナがつながっていようが、給電線からもアンテナからも電波は出ません」って言っているのと同じことですね。いやー、参りましたね。さすがに、ここまで酷い勘違いをされると、フォローのしようもありません。これはもう科学とか技術の世界ではなくて、迷信とか妄信の世界ですね。

こんな初歩的な勘違いが、こともあろうか総務省の研究会とかCISPR委員会で、平気でまかり通っていることに、驚きというか恐怖を感じます。この国の科学技術は、確実に空洞化してます。耐震強度偽装や薬害エイズ、へたれ牛BSEなど、他人事かと思っていましたが、そうじゃなかったんですね。日本が誇るエレクトロニクスでも、確実に病気が進行していたことになります。しかも、CISPR委員会という電磁障害問題の中枢を担う超エリートの専門家集団も、国側でその責任を担っているはずの総務省の電波環境課も、誰一人として、この初歩的な間違いに気づかないとは、大変恐ろしいことです。私が、もしも総務大臣ならば、これらの無能な人達を全員即刻くびにして、総入れ替えします。竹中大臣聞いてますか?

今日締め切りのパブリックコメントですが、これはもうPLCに賛成とか反対とか関係なく、良識あるエレクトロニクス技術者として、きちんとしたコメントを出さないと、本当にこの国はおかしくなってしまいます。

« PLC:賛成か反対か以前に間違ってるんですけど | トップページ | 電波監理審議会に注目 »

コメント

自分がもし、PLCモデムを(速度優先で)設計するとしたら、コモンモード電流の検出回路をPLCモデムに付けて、規制値ギリギリまでキャリア信号を強くするような回路構成にして、通信速度が稼ぐようにすると思うんだけど……
そういうことって、あんまりコストをかけずにできるものなんですかね?
#測定方法が決まったから、その条件でのコモンモード電流値さえクリアできれば、他の条件でコモンモード電流がオーバーするようなモデムを作って売っても(改正案が通れば)法規違反じゃなくなるんですよね。
(これが、かぜさんが言っていた特許に相当することなのかな?)

WAさん、今晩は。私が設計者なら、コモンモードフィルタでモデムのコモンモードインピーダンスを高くして、とにかくコモンモード電流規制をクリアしつつ、どこまでディファレンシャルモードにパワー突っ込めるかに挑戦します。

松下の特許はフォローしてないので、何とも言えませんが、法的にはコモンモード電流は、LCLが16dBの時だけでなく、30dBのときでも守らなきゃいけないので、それは無いと思いますね。
あったとしたら脱法行為ではなくて明白な違法行為です。おそらく、LCLに関わらずコモンモード電流を許容値目いっぱいになるように、ディファレンシャルモードのパワーを調整するものなんじゃないでしょうか?これなら、違法でも脱法でもありません。

ただし、今回は、法(技術基準)そのものがデタラメですので、その法を守っても、何の解決にもなりません。

コストをかけずにできるかという点ですが、まずコモンモードチョークのフェライトビーズをコモンモード電流検出に兼用します。コモンモード電流をスペクトル分解するのが厄介そうですが、受信用のファンクションを活用して、それができるなら、コストはかからないんじゃないかな。今週は睡眠不足なので、寝ぼけたこと言ってるかも。

測定条件以外の場合も、コモンモード電流値が基準値を超えないようにするというのは守らないといけないのですね。(改正案の条文だとよくわからなかったです……)
コモンモード電流値を基準値を超えないようにパワー調整する機能をつけると、LCL値が低い(悪い)ときより、LCL値が高い(良い)時のほうが、(コモンモード電流が同じでも)ディファレンシャルモード電流が多く流れる分だけ、配線全体が発する電磁波エネルギーが大きくなる可能性があるということですね。(この場合、改正案に対して、適法である。)

この記事へのコメントは終了しました。

トラックバック

» [PLC]漏洩電界低減技術なるもの [俺様広場]
以前に数社のPLCの実験設備の設置許可申請書を情報公開制度を利用して 取り寄せましたが、最も興味のあった「漏洩電界低減技術」に関する記述は 非開示ということで大変残念な思いをしました。 電磁気学の常識で考えても、電力線モデム単体で漏洩電界を低減するには 供給す... [続きを読む]

» えっ!昼も夜も好きなもの食べてもいいの?! [メタボリックシンドロームと闘う40男]
えっつ!! [続きを読む]

» いよいよ2月28日で販売が終わります。家賃収益のように印税がうまれます [最新くらし情報お届け]
この考え方は本当に私の一押しです。たくさん商材を買われて途中で投げ出したり、一度読んでガッカリしたとかそのような経験がある方も多いのではないでしょうか?私もその一人です。汗とにかく情報が散乱しすぎていますよね。どれを選べばよいかなんかは素人...... [続きを読む]

» Online phentermine. [Online phentermine.]
Online phentermine. [続きを読む]

» Potassium. [Potassium.]
Potassium. [続きを読む]

« PLC:賛成か反対か以前に間違ってるんですけど | トップページ | 電波監理審議会に注目 »

最近のトラックバック

2021年10月
          1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31